イメージ

制御盤製作
高品質製品の提供

イメージイメージ

制御盤 製作 自動化や操作盤 ハーネス加工
メンテナンス

産業機械や食品・医薬品・化粧品の捺印検査装置、化粧箱の集積からフィルム包装ケーサ、製函・充填・封緘までを全自動で行なう段ボールケーサ機械や非接触型錠剤印刷機などの制御盤・操作盤や列盤物,量産ラインの制御盤 製作を行っております。

メーカー様より仕様電気回路図とCQD図、板金、電気部品をお預かりして、
各工程毎に製作工数が割当てられ準備を行っていきます。

制御盤 製作順は動力電気回路図を、当社独自の変換フォームに落とし込みます。
電気部品の部品名や定格デバイスを作成しターミナルブロックの作成も行っていきます。
併せて電気回路図に沿って必要なマークチューブデータをCTK印刷機に送信し、作成します。
盤内配置図の指示に従って配線ダクトを切断していきます。予めCQD図より板金に下穴が開けて有り、正確な位置出しが求められる作業になります。
盤内配置用電気部品の開梱作業を行い、ACサーボモータ、インバーター、ブレーカ、リレー等部品点数を確認し、準備完了です。
制御盤 製作はダクト取り付け、各種電気部品を配置していきます。
扉の穴加工位置に部品が正確に合うように微調整を行う必要があり、制御盤製作において特に繊細で重要な点です。
配置後、電気部品の名称や定格デバイスを張り付けていきます。ターミナルブロックに記銘板の張り付けも行います。
電線計測・KODERA C373A CASTING機にデータを送信して、アース線、AC回路ハーネス加工、DC回路ハーネス加工を行います。コネクタ はんだ付けや複合ハーネスはもちろん先端加工も行います。

必要なターミナルケーブルの製作を行うとともに、リレー端子部など導電部を保護するためのアクリルカバーの作製も行います。電気回路図に沿って、動力(AC)回路、直流(DC)回路、シーケンサ(信号)回路の盤内配線を行います。
各箇所の配線を終えたら1か所ずつの締め付けチェック(黄チェック)を行い、アクリルカバーを取り付けてきます。

制御盤製作の最終工程として、当社でのDC電気回路チェッカーによる盤内通電試験を実施後、検査成績書とともにメーカー様に最短納期にて納品を行います。
イメージイメージ
>イメージイメージ

製作担当者からのメッセージ

制御盤 製作を作っていくうえで「配線を行い通電検査をして納品」という、1つの作業になってしまわないように心がけています。

常にお客様の立場に立ち、お客様目線で製作に向き合い、少しでも丁寧にかつ綺麗な制御盤 製作を行い100%の満足していただけるよう、日々努力をしています。
また、お客様のご希望通りの最短納期にてお届けしております。

同業他社が多く存在する業界で、一番に福原電機に声をかけていただけるよう、また福原電機に仕事を依頼してよかったと思っていただけるよう、様々な依頼に対して全力で作製を行っております。